社長メッセージ|歴史と実績をもつ中国専業の総合商社は西日本貿易株式会社

社長メッセージ

  • HOME>
  • 社長メッセージ

弊社は1961年、中国から取引き相手として相応しいとの認定を受け、商都大阪において友好商社として設立いたしました。それは1958年長崎国旗事件により日中貿易が中断し、1960年12月に友好商社に限って日中貿易が再開された歴史的な時期でした。
それ以来50数年間、専門に中国との貿易に従事し、繊維・鋼材・化学プラント・カラーブラウン管プラント・家電製品・自動二輪などの輸出、礦産品・雑貨などの輸入、補償貿易・技貿結合・合弁など、中国のその時々の発展段階に随って様々な分野・形態にて多くのビジネスを行ってきました。
現在は各種産業機械・機械部品・電子材料・化成品などの輸出、及び礦産品・製罐品・機械・鋳物・産業資材の輸入と幅広い分野に広がっております。

日本にとり中国は最大の貿易相手国であり、最大の直接投資相手国です。今後とも二国間の経済関係は更に緊密に、かつ相互の依存関係は拡大していくでしょう。
しかし、現在の日中間には歴史問題や領土問題など難しい政治問題が横たわっており、拡大の阻害要因になっております。これらの障害を乗り越えて前に進むためには、この一衣帯水の隣国から逃げるのではなく上手に付き合っていかねばなりません。

弊社の活動する中国という舞台は今後とも更に大きくなるでしょう。中国の歴史や商習慣を深く認識し、長期間に亘り商売を積み重ねる中で、中国との間で築いてきた信頼関係は弊社の最大の財産であり、強みでもあります。
中国専業商社としてその期待に応えるため、大阪・東京各本社の社員、及び北京・上海・広州・西安・大連の現地社員が日夜懸命に中国全土を走り回っております。また、この日中貿易に関連してアメリカ・欧州・東南アジア・インドにも取引きを展開しています。
今後もコンプライアンスを徹底し、既成概念にとらわれず常に挑戦し、創造し、実行し、皆様のお役に立てる商社として付加価値の高いサービスを提供し続けて参ります。今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 小野実

中国専業の総合商社の西日本貿易株式会社